【ARMHと】アラマーク(ARMK)【間違えた】

こんにちは、ぐみぞーです。

いつものように営業CFマージンが高い企業の数字を拾っていくはずが、ARMHと間違えてARMKの数字を拾っていました。CFマージンを計算した時に低すぎて気づきましたが、せっかくなので今回はアラマーク(ARMK)でいこうと思います。

関連記事:【あの株は】ヘルメリッチ・アンド・ペイン(HP)【今その20】

※データはモーニングスター及びDividend.comより。

アラマーク(ARMK)

企業概要

アラマーク・ホールディングス(ARAMARK Holdings Corporation)は教育、医療、ビジネスと産業とスポーツ、レジャーと訂正クライアントに食品、施設とユニフォームサービスを提供する会社である。同社は北米をコア市場とする。同社は世界中の学生、患者、従業員、スポーツファンとゲストにサービスを提供する。平成24年9月28日現在、同社はカレッジ、大学及びK-12学校にある約500万の学生に5億以上の食事を提供し、2000以上の医療施設にサービスを提供し、約1億のスポーツファンに料理を供給しているほか、北米、ヨーロッパ、アジアと南アメリカにある22カ国で運営している。同社は食品とサポートサービス北米、またはFSS北米、食品とサポートサービス国際、またはFSS国際、並びにユニフォームとキャリアアパレル、またはユニフォームという3報告セグメントを通じて運営する。同社のビジネスは一般に教育、医療、ビジネスと産業、スポーツとレジャーと訂正などの主要クライアントタイプに焦点を当てる。

※楽天証券より

売上、純利益

キャッシュフローなど

営業CFマージン(10年平均):4.7%

・営業キャッシュフローは毎年着実に増加しているか。
⇒EPSはごまかしやすいが営業キャッシュフローはごまかしにくい。

・営業キャッシュフローはその年の純利益の数字より必ず大きくなければいけない。
⇒そうでなければ、粉飾リスクあり。

・営業キャッシュフローマージンが15~35%程度あるか。
⇒営業CFM=営業CF/売上高

※『MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法(広瀬 隆雄)』より。

ROEなど

「6年平均」ROE:12.3%、ROA:1.9%、ROIC:6.4%

配当、EPSなど

配当利回り:0.96%、連続増配:3年、配当性向:21.4%

過去3年の配当成長:10%、2017年の配当成長:6.7%

直近PERなど

PER:29.3(過去5年平均35.65)、PBR:4.36(4.7)

PSR:0.75(0.56)、PFCR:10.43(12.02)

※PERだけ過去4年平均です。

感想

創業は1959年ですが、上場は2013年と最近です。

ビジネスモデルは分かりやすく、ある意味とっても身近なサービスです。でも地味です、四季報によると日本でも三井物産との合弁で2社あるらしいですがピンときません。日本国内の同業種企業はシダックスという企業らしいですがこちらも聞き覚えがありません。

売上・純利益・CFを見る限り堅実ですが、あまり利益率の高い企業ではないように見えます。営業CFマージンも1桁台と低調で、ここ4年間に限れば上向いているように見えなくもないです。

配当も出し始めてから毎年増配しているようですが、配当成長率は微々たるもので勢いは感じません。上場こそ最近ですが創業から60年近いのでここから急成長!という展開は想像できません。

PERが30倍近いので割高ですが、株価が下落して配当利回りが3%位までになったら拾ってみたくはある銘柄です。


人気ブログランキング

ランキングに参加中です、よろしくお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ぐみぞーレクタングル (大)
ぐみぞーレクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする