保有している『生活必需品』銘柄を振り返る!

こんにちは、ぐみぞーです。

前回まで保有している生活必需品セクターの銘柄を『MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法(広瀬 隆雄)』の項目に沿って確認してきました。

項目は以下の3点です。

・営業キャッシュフローは毎年着実に増加しているか。
⇒EPSはごまかしやすいが営業キャッシュフローはごまかしにくい。
・営業キャッシュフローはその年の純利益の数字より必ず大きくなければいけない。
⇒そうでなければ、粉飾リスクあり。
・営業キャッシュフローマージンが15~35%程度あるか。
⇒営業CFM=営業CF/売上高

その結果がこちらです。

銘柄 セクター 株数 営業CF増加 営業CF>純利益 営業CFM
ADM 生活必需品 30 × × 平均3%
BUD 生活必需品 22 平均29%
FLO 生活必需品 100 平均8%
KO 生活必需品 36 × 平均23%
MO 生活必需品 56 × 平均24%
PG 生活必需品 60 平均19%
PM 生活必需品 23 平均30.4%
UL 生活必需品 42 平均12.2%
WMT 生活必需品 30 平均5.7%

ぜ、全滅です。ここから何を買い増すか、もしくは銘柄を減らすか参考にしようと思っていたのですが・・・。

思えば、『MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法(広瀬 隆雄)』では過去3年のデータで判別していましたが、Morning Star(英語版)で過去10年分のデータが見れると調子に乗っていました。過去3年と過去10年の比較、これでは少し厳しいのかもしれません。

う~ん、営業CFMが1桁のものはまず除外しますか。ADM、FLO、WMTですね。この3つはまあ売却してもいいかもしれません、銘柄減りますし。

ULも15%以下なので除外したいですが、今年買ったばかりなんですよね。まあ、ホールドで。

う~ん?逆に営業CFMの高い順に選んで買い増しする?PM、BUD、MOですかね?でもPMとMOは同じタバコ企業ですから、MO外してKOでもいいかもしれません。

ああ、悩ましい。ADRのBUD以外売却して、ETFのVDCに突っ込むか?でも今、VDCの分配金利回り3%切ってるし、HDVのほうがいいか?

あがぁー!悩ましい。


人気ブログランキング

ランキングに参加中です、よろしくお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ぐみぞーレクタングル (大)
ぐみぞーレクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする