【FX】ロットサイズとかインジケーターとか

こんにちは、ぐみぞーです。

※関連記事:【FX】損切り、笑えない。

↑の記事の通り、111.16でLポジションを損切りましたが、ほぼ底だったらしく111を割らずに反転し、現在111.5を超えた辺りで推移しています。

損切りを見透かされたような動きで、非常に悔しいです。だからと言って下がり続けられると、今度はホールドしている残り3割が更に無残な形で損切りするはめになるのでやり切れません。

月曜日に114まで何故か上がってたら損切り分を補填できるのですが、このあり得ない大勝で負け分を取り戻そうと思う考え自体が無謀なギャンブルに繋がって危険が危ないです。

まあ、事件で休み明けに急落することはあっても急騰することはまず無いのでただの妄想です。どういう事態になれば急騰するのか想像もできません。

さて、自分のトレード方法を考えると20PIP間隔とはいえ倍々で、フルに取れるだけのポジションから逆算してナンピンしていくのは少々いえ、かなりリスクを取り過ぎていたかなと、今さらながら実感している所です。

なので本当に今さらですが、【資金管理】を考えてみようと思います。

・・・考えると言いましたが、私が1から考えても素人の浅知恵、そもそも失敗続きの私の考えを私が信用できるか自信無いので、先人の知恵に頼ろうと思います。

資金管理とひと口に言っても色々と種類があるでしょうし、その良し悪しを私は判断できません、またその判断を信用できるか分かりません。なのでそれっぽいワードで検索して、分かり易いものを使おうと思います。

・・・ありました。【使うのは「2つの数字」だけ!”タートルズ流”資金管理&リスク管理術】とかいうZAiの記事を見つけました。

ふむふむ、

『自分が投資しようと思っている市場が一日にどのくらい動くのか』を知っておかないとリスク管理はできません。その指標となるのが、ATRなんです。

なるほど、ATR(アベレージ・トゥルー・レンジ)ですか。

前日の終値と、今日の高値・安値を拾ってきて計算して出すようですが、少し面倒ですね。

あ、ありました。investing.comのドル円のページにありました。取りあえず日足で見ますか。

ん~ATR(14)、この(14)て、たぶん14日間隔のことだと思うんですけど、記事だと20日程度の平均とありますからこのままでは使えませんね。

テクニカル指標のひとつなのでもしかしたらと思い、いつも使用しているチャートサイト見たらありました。レンジを20にして日足だと・・・0.7192です。

ATRが分かりましたので次です。

 「次に覚えてほしいのが『ユニット』という考え方です。ユニットとは、『自分の投資用資金の1%を1日でリスクにさらす取引量』。これを知っているとFXの米ドル/円やユーロ/米ドルはもちろん、株も金も一括してリスク管理できるんです」※ザイ:http://zai.diamond.jp/articles/-/158250

ほう、それで計算式は、

これに当てはめると、

投資用資金は取りあえず10万円、1000通貨単位、ATRが0.7とします。

①10万円の1%=1,000円

②0.7×1000通貨=700

③1,000円÷700=1.428

④1.428×1000通貨=1428通貨

1428通貨、細かいので1400通貨・・・少な!

更に、

日足のトレンドを狙っていくような取引なら、損切り位置の目安は『ATRの2倍』離したところです。損切りにかかってしまった場合、資金の2%を失うということになります。『1回の取引で資金の2%のリスクをとる』というのは世界標準、世界のトップトレーダーも2%程度のリスクで取引しています」

つまりドル円でATR0.7の時、1トレードでは1400通貨でポジションを取り、損切りは-1.4円の所にセットしておくのか。

・・・凄く物足りないけど、そもそも勝ててないからこの位の数量でのトレードに慣れないと。


人気ブログランキング

ランキングに参加中です、よろしくお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ぐみぞーレクタングル (大)
ぐみぞーレクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする