【2914】日本たばこ産業 VS MO・PM【比較してみた】

こんにちは、ぐみぞーです。

今日は、私が保有している日本株のひとつ JT(日本たばこ産業)と米国株のMOとPMを比較していきたいと思います。

以前の記事で私の保有している日本株の一覧を公開しましたが、基本的に高配当を理由に購入したものばかりです。その中のひとつJTは、もちろん高配当なのですがその前に購入していた米国株のタバコ銘柄、MOとPMの影響もあったと思います。

私がMOとPMを購入したのは、

高配当・連続増配! ⇒ タバコ銘柄は(現在までの)リターンが良い! ⇒ みんな持ってる!(米国株ブログを書いてる方々) ⇒

『タバコ銘柄は、高配当で儲かってるから取りあえず買っとこ!』みたいな浅い考えがありました。

JTもその流れで、国内シェア6割もあるし、配当利回りも3%以上あるし、株主優待もなんか(選択制でミネラルウォーター2L×6本でした)あるし、買っちゃえ!で、購入しました。

ええ、数字的なものは、殆ど見てません。

これはよろしくない、調べなきゃ・・・。

で、少し前の四季報(分厚い!)はある、証券会社の情報もある、でもこれ過去5年位のしかない・・・・・・。Morning Star(英語版)みたいなのないの?

というか、Morning Star(英語版)にあったりは・・・アッタ。

じゃあ後は、いつも通りいつもの項目を調べますか。
※JT、日本たばこ産業は国内証券コード2914ではなくテッカーコード『JAPAF』です。

※配当金と配当性向はMorning Star(英語版)とJTのHPの数字とが異なっていたのでHPの方から拾いました。

・営業キャッシュフローは毎年着実に増加しているか。

⇒デコボコしてて×です。

・営業キャッシュフローはその年の純利益の数字より必ず大きくなければいけない。

⇒営業CF>純利益なのが10年中6年しかない、×です。

・営業キャッシュフローマージンが15~35%程度あるか。

⇒2010年までは1桁台ですが、それ以降の6年間はOKなので○にします。

・フリーCFと営業CF

⇒う~ん?少し差が開いていますが、ほぼ一定の比率で推移しているとみて良いんでしょうか?

・ROE

⇒過去5年は目安の15%をクリアしていますが、平均にすると14.5%とあと一歩足りない印象です。

で、同じタバコ銘柄のMOとPMも見てみましょう。

う~ん?これだと少し分かり辛いですね。そもそも純利益とか金額のものは単純に並べて良いものか分かりませんし、ドルと円では為替の問題もあります。

ここは、比率で表している『営業CFマージン』と『ROA』を並べてみます。

※ROAなのはPMのROEが2012年までしか無かったからです。

ROAとは、総資産利益率とも言われ、事業に投下されている資産が利益をどれだけ獲得したかを示す指標です。また、ROAは事業の効率性と収益性を同時に示す指標(後述しています)としても知られています。ちなみにROAは、Return on Assttsと英語で表記し、リターン・オン・アセットと読みます。

『決算書の読み方・財務分析のしかた』より

※計算式:ROA=純利益/総資産
ROE=純利益/自己資本

パッと見で、PM>MO>JTですね。PMつよい。

これは見やすい!こんなに綺麗に差が出るとは・・・。

というよりもコレ、完全に株買う前にする、するべき作業ですよね。
パッと見でもPM>JTで、JTの購入時期を考えるとPMの株価が85ドル~90ドル位なので、配当利回りでも圧倒的にPM>JTなんですよ。とほほ。


人気ブログランキング

ランキングに参加中です、よろしくお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ぐみぞーレクタングル (大)
ぐみぞーレクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする