【そういえば】NISA候補?クラフト・ハインツ(KHC)【調べてなかった】

こんにちは、ぐみぞーです。

12月に入りましたので先月の受取配当金をまとめようとした所、マネックス証券がシステムメンテナンスで配当が確認できず出ばなを挫かれました。しかも長い。

気を取り直して、いよいよNISAの新たな枠が解放されるまで1ヶ月を切ったので、改めて候補銘柄を振り返った所、クラフト・ハインツ(KHC)の詳しい数字を確認していませんでしたので、今回見ていきたいと思います。

関連記事:【何を】来年のNISAを考える【買おう】

※データはモーニングスター及びDividend.comより。

クラフト・ハインツ(KHC):生活必需品セクター

企業概要

クラフト・ハインツ・カンパニー(英: Kraft Heinz Company NASDAQ: KHC)は、アメリカの食品持株会社。2015年に投資会社バークシャー・ハサウェイと3Gキャピタルがクラフトフーズ・グループとハインツの合併を発表。この合併で世界第5位の食品メーカーとなった[1]。バークシャー・ハサウェイと3Gキャピタルは77%の株式を保有する。ウィキペディアより

売上、純利益

合併後の2015年からだけを見ると凄い跳ね上がってますけど、う~ん。

キャッシュフローなど

・営業キャッシュフローは毎年着実に増加しているか。
⇒EPSはごまかしやすいが営業キャッシュフローはごまかしにくい。

・営業キャッシュフローはその年の純利益の数字より必ず大きくなければいけない。
⇒そうでなければ、粉飾リスクあり。

・営業キャッシュフローマージンが15~35%程度あるか。
⇒営業CFM=営業CF/売上高

※『MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法(広瀬 隆雄)』より。

これも合併後の2016年だけを見ればフリーCFも高く、営業CFマージンも19.8%と高水準にあります。

ROEなど

直近のROEが6%と低い。ROEだけかけ離れて高いとかはよく見ますが、これは珍しい。

配当、EPSなど

配当利回り:3.08%、連続増配:3年、配当性向:69.3%

過去3年の配当成長:13%、2016年の配当成長:31.5%

2015年から配当を出し始めたように見えますが、Dividend.comを見るとそれ以前からも配当は出ていますね。

PERなど

直近のPER:20.7、PBR:1.7、PSR:3.8、PCFR:23.5

感想

全体的にデータが少なくて、少し不安ですね。直近だけを見ると素晴らしいのですが・・・。

う~ん?NISA枠解放されてもすぐ買わないほうがいいかな。様子見で、2017年分の数字を見てから決めよう。


人気ブログランキング

ランキングに参加中です、よろしくお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ぐみぞーレクタングル (大)
ぐみぞーレクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする