【あの株は】ファイザー(PFE)【今その25】

こんにちは、ぐみぞーです。

今回も『MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法(広瀬 隆雄)』に掲載されている営業キャッシュフローマージンの高い企業を見ていきたいと思います。

営業CFマージンの高い企業その25:ファイザー(PFE)29.0%(2012年)

※データはモーニングスター及びDividend.comより。

ファイザー(PFE)

企業概要

ファイザー(Pfizer Inc.)は研究ベースのグローバルなバイオ医薬品会社である。【事業内容】同社は医療製品の発見、開発、製造に従事する。グローバル・ポートフォリオには医薬品とワクチン、消費者向けの医療製品が含まれる。同社はファイザー・イノベーティブ・ヘルス(IH)とファイザー・エッセンシャル・ヘルス(EH)という2つの事業区分を通じて商業活動を管理する。IH事業は医薬品とワクチン、消費者向けのヘルスケア製品の開発と商業化を行う。IHの治療分野は内科、ワクチン、腫瘍学、炎症、免疫学、希少疾患と消費者医療を含む。EH事業にはレガシー・ブランド、ブランド・ジェネリック、一般的無菌注射用製品、バイオシミラーと輸液システムを含む他、研究・開発(R&D)組織と契約製造事業を含む。ブランドは「Prevnar 13」、「Xeljanz」、「Eliquis」、「Lipitor」、「Celebrex」、「Pristiq」、「Viagra」を含む。

※楽天証券より

売上、純利益

キャッシュフローなど

営業CFマージン(10年平均):30.9%

・営業キャッシュフローは毎年着実に増加しているか。
⇒EPSはごまかしやすいが営業キャッシュフローはごまかしにくい。

・営業キャッシュフローはその年の純利益の数字より必ず大きくなければいけない。
⇒そうでなければ、粉飾リスクあり。

・営業キャッシュフローマージンが15~35%程度あるか。
⇒営業CFM=営業CF/売上高

※『MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法(広瀬 隆雄)』より。

ROEなど

「10年平均」ROE:13.8%、ROA:6.3%、ROIC:9.9%

配当、EPSなど

配当利回り:3.72%、連続増配:8年、配当性向:52.5%

過去3年の配当成長:7.2%、2017年の配当成長:6.7%

直近PERなど

PER:22.56(過去10年平均20.25)、PBR:3.59(2.4)

PSR:4.27(3.3)、PFCR:14.33(11.12)

感想

私も保有している定番(?)銘柄。ヘルスケアでは堂々の売上2位!1位はJNJですがいつも高値で配当利回りも高いとはいえず買い増しし辛い、その点PFEは配当利回り3.7%と今すぐ買い増ししても納得できます。

・・・保有銘柄なのでなんか贔屓入ってますね。でも成長性は感じませんが売上やCFは高水準で安定しているので高配当目当てであればPFに入れて損は無い銘柄です。


人気ブログランキング

ランキングに参加中です、よろしくお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ぐみぞーレクタングル (大)
ぐみぞーレクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする