【まとめ】電気通信セクター【比較】

こんにちは、ぐみぞーです。

今回は電気通信セクターのまとめになります。

保有しているのは【T】と【MBT】だけですが、それだけでは寂しいのでアメリカ株の【VZ】とイギリスの【VOD】、日本の【NTT】と【KDDI】を比較していきたいと思います。

関連記事:【T】の銘柄分析【VZ】の銘柄分析【MBT】の銘柄分析【VOD】の銘柄分析

売上高

※数字はモーニングスター英語版より拾い、ドルに直したものです。

※為替はそれぞれ1ユーロ=1.1282ドル、1ルーブル=0.0177ドル、1円=0.0091ドルで計算しました。

T、VZは流石の数字で、NTTは以外と健闘していますね。

他の銘柄も安定して推移していますね、VODを除いて。

純利益

2014年のVODのせいで見辛い。

これはVODがベライゾン・ワイヤレス株の45%をVZに売却した為です。

なのでこの部分を消してもう一度グラフを作ります。

これで、だいぶ見やすくなりましたね。

う~ん。みんなばらばらで、かろうじて安定しているのはNTTとMBTでしょうか?

TとVZは安定していると思っていたのですが意外です。

営業キャッシュフロー

本業の儲けの方は、安定的ですね。

フリーキャッシュフロー

うう、これからなにかを読み取るのは私には難易度が高いです。

営業キャッシュフローマージン

どのの銘柄も15%より上で推移しています。

営業CFM 平均
T 26.7%
VZ 27.3%
NTT 25.0%
KDDI 19.2%
VOD 27.3%
MBT 35.3%

ROIC

ROIC 平均
T 7.9%
VZ 9.0%
NTT 4.6%
KDDI 9.9%
VOD 10.6% ※4.8%
MBT 16.8%

※VODの2014年を除いた平均。

EPS

※見辛いので、VODの2014年の30.3ドルを除いています。

配当関係

銘柄 現在配当利回り 配当性向 連続増配/年 過去3年配当成長率 年間配当成長率2016
T 5.03% 66.70% 32 2.2% 2.1%
VZ 4.77% 61.40% 10 3.1% 2.6%
NTT 2.20% 30.50%
KDDI 2.88% 40.00%
VOD 7.75% 230.10% なし -19% -11.1%
MBT 6.06% 48.10% なし -13.2% -2.3%

感想

一番の高配当のVODですが、安定感も一番ないのであまり欲しくはないです。

営業キャッシュフローマージンが意外と高く、2番目に高配当なMBTですが、ロシア株という所がネックで、税金やらの詳細が不透明(私が理解していないだけ)で配当金の受け取り額が思ってたより少なく、イマイチ買い増しに動けません。取りあえずホールドで。

日本株のNTTとKDDIでは、NTTが意外と健闘している感がありますが、配当利回りが低いのでこれもパスです。

・・・やっぱりTとVZが残りましたが、どっちが良いとはっきり断言できないところが辛い。
T持ってるし、T一本でいいかなこのセクターは。


人気ブログランキング

ランキングに参加中です、よろしくお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ぐみぞーレクタングル (大)
ぐみぞーレクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする